鎌倉の建築家 一級建築士事務所 アット・ピース・アーキテクツ

at peace architects
 

I think that a good house is comfortable living and  two important elements exist.


The first essential element required is sunshine , then ventilation and views from windows , and land conditions, which will enhance the plan. All the above will create a rich environment and basis for a happy life.


When considering a plan I must pay attention to such items as an understanding of the owner himself and his life. Then I must know which style of life the client wishes to live in. What I design must reflect the spirit and life style of the owner himself in the comfortable house. Then when entering the house from the outside world all stress should vanish and one should feel refreshed. A house design can only be conceived through contact with the owner and feeling his concept dreams.However the house design must make the client feel he is venturing into a new life style which is better than his dream.

I think that living your own style is comfortable living


That summarizes my method to create the ideal comfortable home.

僕が考える良い家とは、そこでの暮らしがComfortableになる家。

それには、大きく二つの要素があると思っています。

まず普遍的なものとして、採光、通風、窓からの眺めなどその土地特有の条件に適した

プランであること。それが出来れば、立地環境を活かしたComfortableな暮らしがおくれるのです。


次に個別の要素として、プランを考える際、施主自身がおくってきた人生をよく理解し、これから施主が

どんな生き方をしたいのかを知る事です。そうすれば完成した家に施主自身を反映する事が出来るのです。

ストレスの多い外の世界からその家に帰る事で、素の自分を取り戻せるのです。

自分らしく生きる、それがComfortableな暮らしだと思います。


計画の最初に施主に問います。

「家造りは、自分探しの旅でもあります。理想の家を完成させるためにあなた方の人生をお聞かせ下さい」

comfortable living